北鎌倉・明月院の花菖蒲(はなしょうぶ)・2019年◆境内花巡り◆本堂後庭園

  • 2019.06.16

6月の明月院といえば紫陽花(あじさい)となりますが、手入れの行き届いた本堂後庭園の花菖蒲(はなしょうぶ)もすばらしいものです。本堂の御朱印所横を奥に進むと受付があり、500円の入園料を納めると本堂後庭園に入れます。なお、本堂後庭園は 6月の花菖蒲の時期と、12月の紅葉の時期のみの公開となっています。 明月院のアジサイにつきましては、以下のリンクをご覧ください。⇒「北鎌倉・明月院のアジサイ(2019 […]

北鎌倉・明月院のアジサイ(2019年)◆境内花巡り◆明月院ブルー

  • 2019.06.14

先日、令和元年(2019年)の鮮やかな「明月院ブルー」を堪能して参りましたのでご案内します。明月院の紫陽花の9割以上はヒメアジサイで、その鮮やかでありながら深みのある独特の「青」は「明月院ブルー」と呼ばれ、参拝者の目に焼き付いて離れません。「ヒメアジサイ」という和名は、「植物分類学の神様」牧野富太郎博士が、普通のアジサイに比べて優美で女性的なそのイメージから名付けたそうです。明月院のヒメアジサイの […]

鎌倉・葛原岡神社~例大祭(2019年)~その2・本祭・神輿渡御(前半)

  • 2019.06.13

鎌倉・葛原岡神社の例大祭では、前日の宵宮祭(よいみやさい)に引き続き、由比ヶ浜通りを中心に本祭の神輿渡御が執り行われました。神輿渡御は、笹目歯科医院の駐車場を起点に、途中に由比ヶ浜公会堂・ホテルわかみや・割烹旅館かいひん荘鎌倉・福祉センターを経由して、再び由比ヶ浜公会堂に戻り終点とするコースで行われます。今回は、その前半として起点の笹目歯科医院から経由地の由比ヶ浜公会堂までの区間をご紹介します。 […]

鎌倉・葛原岡神社~例大祭(2019年)~その1・宵宮祭

  • 2019.06.10

後醍醐天皇に忠誠を尽しながらも 「建武の新政」の成立を見ることなく非業の死を遂げた日野俊基卿をお祀りする葛原岡神社(くずはらおかじんじゃ)は、由比ヶ浜の総鎮守でもあります。毎年6月3日には例大祭の神前祭・墓前祭が執り行われ、その前後には由比ヶ浜通りを中心に「本祭・神輿渡御」が盛大に催されます。今回は、本祭の前夜を彩る「宵宮祭(よいみやさい)」の様子をご紹介します。 鎌倉・葛原岡神社の例大祭(201 […]

鎌倉・建長寺◆境内散歩(その3)◆方丈・唐門・得月楼・応真閣・庭園

  • 2019.06.07

建長寺・境内散歩三回目の今回は、唐門・方丈(龍王殿)・得月楼・大庫裡(応真閣)とその近辺をご紹介します。もともと禅宗寺院における方丈は、住職の日常生活の場とされ、書院・仏間・応接間等を兼ね備えた多目的建造物でした。現在の建長寺では、大方丈(龍王殿)・得月楼・大庫裡(応真閣)がそうした役割を分担しています。 なお建長寺のご由緒、ご朱印、年中行事、季節の花々、アクセス等につきましては、以下のリンクをご […]

鶴岡八幡宮・白旗神社(しらはたじんじゃ)~例祭~

  • 2019.06.04

5月28日は、鎌倉幕府初代将軍・源頼朝公及び三代将軍・源実朝公をお祀りする鶴岡八幡宮末社・白旗神社の例祭の日です。現在の白旗神社は、明治の神仏分離令に従い取り壊された旧・薬師堂跡に、本宮に向かって左手の宇佐神宮遥拝所あたりにあった「白旗社(御祭神:源頼朝公)」と、現在の丸山稲荷横の西坂(階段になっています)を下った右手付近にあった「柳営社(御祭神:源実朝公)」を明治二十一年(1888年)になって合 […]

鎌倉・宝戒寺~聖天供(しょうてんく)2019年~

  • 2019.06.01

鎌倉・宝戒寺は、鎌倉幕府執権を代々務めた北条一門の菩提を弔うために後醍醐天皇の発願により建立された天台宗の寺院です。その境内の一番右奥にあるお堂が「大聖歓喜天堂(だいしょうかんぎてんどう)」で、ご縁日の毎年5月23日には「聖天供(しょうてんく)」が修されます。 なお宝戒寺のご由緒、ご朱印、年中行事、季節の花々、アクセス等につきましては、以下のリンクをご覧ください。⇒宝戒寺へ 境内の様子 「聖天供」 […]

鎌倉・宝戒寺~徳崇大権現・大般若転讀会(2019年)~

  • 2019.05.29

鎌倉・宝戒寺では、鎌倉幕府が滅亡した5月22日に「徳崇大権現・大般若転讀会」が修されます。この法会は、鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇が、北条得宗家の最後の当主である鎌倉幕府十四代執権・北条高時 に「徳崇大権現」の神号を賜り、鎌倉幕府と共に滅んだ北条一族の慰霊のため北条家屋敷跡に建立した宝戒寺境内にお祀りしたことに由来します。 なお宝戒寺のご由緒、ご朱印、年中行事、季節の花々、アクセス等につきましては、 […]

鎌倉文学館~バラまつり(2019年)~

  • 2019.05.26

鎌倉文学館では、毎年バラが見頃の春と秋に催しがあり、手入れの行き届いた200種245株のバラが楽しめます。今回は、現在開催中の「鎌倉文学館バラまつり2019」(5月10日~6月9日)の様子をご紹介します。この期間中は、毎週金曜日に「バラ解説」が行われる他、バイオリンやピアノのコンサート等も開かれます。なお秋の催しは「鎌倉文学館フェスティバル 」と呼ばれ10月から11月にかけてバラを楽しめます。 鎌 […]

鶴岡八幡宮~菖蒲祭(しょうぶさい)2019年・後半~舞楽

  • 2019.05.23

五月五日・端午の節句に執り行われる鶴岡八幡宮「菖蒲祭」では、舞殿での神事に引き続いて「東京楽所(とうきょうがくそ)」による舞楽が奉納されました。曲目は「振鉾(えんぶ)」「萬歳楽(まんざいらく)」「延喜楽(えんぎらく)」「長慶子(ちょうげいし)」)の四目でした。鶴岡八幡宮における舞楽奉納の歴史は大変古く、文治四年(1184年)に箱根権現(箱根神社)および伊豆山権現(伊豆山神社)の稚児八名による童舞奉 […]

1 2 15