白旗神社(しらはたじんじゃ)◆鶴岡八幡宮・境内散歩(その2)◆

  • 2019.02.21

白旗神社(しらはたじんじゃ)は、 正治二年(1200年)に北条政子により創建された 鶴岡八幡宮の境内末社です。現在の社殿は八幡宮境内の北東・大臣山(だいじんやま)の麓にあり、御祭神は鎌倉幕府初代将軍・源頼朝公と同三代将軍・源実朝公です。シックな黒漆塗の社殿は、鶴岡八幡宮の末社に限らず他の鎌倉の神社には見られないデザインで、独特の雰囲気を醸し出しています。毎年5月28日の「例祭」を始めとして「実朝祭 […]

寿福寺~梅かまくら特別寺社参拝(2019年)~

  • 2019.02.18

「鎌倉十三仏詣実行委員会」が例年企画する「梅かまくら特別寺社参拝」の第一弾「寿福寺」に行って参りました。 2019年2月4日(月)〜3月19日(火)の、ちょうど梅も見頃の間、鎌倉市内二十四のお寺の中からお好みのお寺を選んで参拝し、普段立入れない場所をご案内いただいたり、法話をお聞きしたり、座禅のご指導を受けたりできるとても魅力的な企画です 。お寺によって事前に往復はがきで申し込む必要のある所、当日 […]

一ノ鳥居◆鶴岡八幡宮・境内散歩(その1)◆

  • 2019.02.15

鶴岡八幡宮の参道である若宮大路には、「一ノ鳥居」「ニノ鳥居」「三ノ鳥居」の三つの大きな鳥居があります。 どの鳥居も何度か建替えられていますが、源頼朝が治承四年(1180年)に造営して以来木造だったものを 寛文八年( 1688年)に 将軍・徳川家綱が石造に建替えました。しかし関東大震災で何れの鳥居も倒壊し、その後、今回取り上げる「一ノ鳥居(浜の大鳥居)」のみが、石造の原型を留め再建されました(他の二 […]

鎌倉・荏柄天神社~針供養(2019年)

  • 2019.02.12

荏柄天神社の針供養は、毎年2月8日に執り行われます。 日頃、固い布をものともせず一所懸命に働いてくれる針をねぎらう意味で、仕事や家事で縫物をなさる皆さんが持ち寄った縫い針・待ち針 を柔らかな豆腐に刺して供養する行事です。10:30からの神事に参列した皆さんは拝殿の中の豆腐に、一般の参拝者は神事終了後、拝殿の前に置かれた豆腐に夫々針を刺していきます。 開始日時 2020年2月8日 10時30分(15 […]

鎌倉・九品寺◆境内散歩◆

  • 2019.02.09

鎌倉三十三観音霊場第十六番札所・内裏山霊嶽院九品寺は、鎌倉・材木座の京急バス「九品寺」停すぐ横にある浄土宗のお寺です。開基は、鎌倉幕府を滅ぼした新田義貞で、義貞が鎌倉に留まった短い期間に唯一建立した寺院です。毎年10月に執り行われる光明寺の十夜法要では、「練宿」として練行列の出発地点となっています。 なお九品寺のご由緒、ご朱印、年中行事、季節の花々、アクセス等につきましては、以下のリンクをご覧くだ […]

鎌倉・大船観音寺~節分会(2019年)~

  • 2019.02.06

鎌倉・大船観音寺では、一般的な寺社より一足早く2月1日に節分会(正確には「節分追儺会(せつぶんついなえ)」)が催行されました。入場は、限定1000名ではありますが、全員が景品を受け取り、豆まきの後、抽選会にも参加できるというのは有難いことです。鎌倉市内の禅宗寺院は、歴史的な背景から圧倒的に臨済宗が多く、曹洞宗の寺院は 大船観音寺を含め 大船・玉縄近辺 に 僅かにあるだけです。それだけに一般市民にも […]

鎌倉・常楽寺~文殊祭・「大般若経」転読(2019年)~

  • 2019.02.03

鎌倉市・大船にある臨済宗の古刹・粟船山(ぞくせんさん)「常楽寺」では、毎年1月25日に 「文殊祭」が執り行われます。 ここでの見所は何と言っても 大勢の職衆・僧侶による「大般若経」の転読です。小さな文殊堂の縁側にまではみ出す十数名の僧侶が、「大般若経」全十六部六百巻を、アコーディオンを奏でるように、左手から右手、右手から左手と数回移し替えることで疑似的に読経し、一巻の疑似読経を終える毎に、その巻の […]

鎌倉・宝戒寺~聖徳皇太子大祭(2019年)~

  • 2019.01.31

鎌倉・宝戒寺では、年の初めの聖徳太子のご縁日に該る1月22日に、聖徳皇太子大祭が執り行われました。聖徳太子は中国から伝わるL字型の金属製大工道具「指矩(さしがね)」を日本に広めた方と云われておりまして、建築に携わる大工・鳶職は、日本中で太子講を組織して聖徳太子をお祀りしています。鎌倉でも鳶職組合、建築組合、造園組合の関係者が中心となって、聖徳皇太子大祭を盛り立てていらっしゃいます。聖徳皇太子大祭で […]

荏柄天神社~初天神・筆供養(2019年)~

  • 2019.01.28

毎年1月25日は、天神様の年の初めの御縁日で、鎌倉・荏柄天神社でも「初天神祭」と、併せて「筆供養」が執り行われます。注連縄を張り巡らした祭場に据えられた銅製の梅鉢には、たくさんの古い筆が積まれており、焚き上げの準備は既に整っていました。神輿庫前の紅梅が鮮やかに咲き始める中、大きく開かれた御本殿の扉の左右には五色の幟をはためかせた大榊が立てられるなど、境内は天神様の御祭礼に相応しい厳かな空気に満たさ […]

鶴岡八幡宮~御判行事(ごはんぎょうじ)2019年~

  • 2019.01.25

鶴岡八幡宮では、新年の元旦から7日までの間、舞殿において「御判行事」が執り行われます。この行事には誰でも参加することができ、初穂料(千円以上)を納めますと舞殿にて玉串拝礼の後、額に御神印を押していただけます。普段、この御神印は御本殿の御神座近くに奉安されており、松の内の間のみ舞殿又は若宮に設けられた御判行事所に遷されて使用されます。 また、舞殿を退下する際には「牛王宝印(ごおうほういん)」の神符を […]

1 10